セロトニンとは

セロトニンは脳内神経伝達物質の1つで自律神経のバランスを整え心身ともに健康を保つために欠かせない物質で俗に幸せホルモンと呼ばれています。

 

メラトニンという睡眠のためのホルモンをつくりだしてるのもセトロニンです。

 

1日のうち朝日を浴びるとよく分泌されることから、朝いちばんに朝日を浴びると健康によいと言われる由縁となっています。
セロトニンが定期的に分泌されていることで、人間は嫌な感情を持っても、無理なく感情のコントロールが出来たり、我慢することが出来たりします。

 

また不安になった時やイライラした際も、自分自身でケアをすることが出来ます。
しかしセロトニン不足に陥ると、精神的なストレスから対処出来ず、まず第一段階で不眠になり、うつ状態になってしまうと考えられています。

 

セロトニンは
・心のバランスの調整
・感情のコントロール
・ストレスの処理
・睡眠の質
など

 

「睡眠」と「心の安定(幸福感)」に深く関わります。
睡眠不足が数日続くだけで人は不安になりますし、心の安定は人生を生きていくうえで欠かせません。
そう考えるとセロトニンは人が幸せにいきていくためになくてはならないものと言えることができるでしょう。

 

良質な睡眠をとるためにはセロトニンがきちんとつくられることがとても重要です。
ですから睡眠のサプリメントにはセロトニンの原料となるトリプトファン、アミノ酸が入っているものが多いのです。
アミノ酸が不足してしまうとセロトニンを十分に合成することができなくなってしまうからです。

 

メラトニンは寝ている間につくられるのですが、しっかりとメラトニンをつくるためにはセロトニンを増やすことが大切です。セロトニンをつくるためには、朝は太陽の光を浴び、規則正しいリズムを心掛けることが重要です。

セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やすためにできること
1、朝起きて太陽の光を浴びる
2、規則的な生活リズムを心掛ける
3、ストレッチをするなど軽い運動をする
4、トリプトファンを含む食品を食べる

 

まずは眠れないからといって明け方寝てお昼ごろまで寝ている生活は不眠の悪循環にはまってしまいます。セロトニンをつくるには特に朝の光を浴びることが効果的です。まずは朝の光をしっかりと浴びることを心掛けましょう。さらに規則的なリズム運動もセロトニン合成に効果的です。散歩やストレッチなど適度な運動が効果的です。

 

セロトニンはセロトニンはトリプトファンというアミノ酸からできているので、トリプトファンを多く含む食品を食べることもセロトニンを増やすためにはおすすめです。

セロトニンの効果とセロトニンを増やす方法記事一覧

夜になると眠くなるという睡眠リズムのために欠かせない睡眠ホルモンのメラトニン。メラトニンがきちんと分泌されるためには朝は朝の光を浴び、夜になれば眠りにつくという体内時計が正常に作用することが大切です。そのためには朝はきちんと朝の光を浴びるということが重要なのですが、それは朝の光を浴びることでメラトニ...