自律神経とは

自律神経とは心臓や血管など自分の意志では動かせないものを動かしている神経です。
1日の終わりに近づくと眠くなったり、環境に合わせて体温調整をしたり、消化をするなども自律神経の働きです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり

 

交感神経・・・血圧上昇、緊張・興奮モードの状態
副交感神経・・・血圧は低下し、リラックスモードの状態

 

この2つの神経のバランスは基本的には1:1が望ましいとされます。
このバランスが大きく乱れると体に様々な不調が出てきます。

 

交感神経が活発すぎるとイライラしてしまったり、パニック障害
副交感神経が出すぎてもリラックスしすぎ、やる気が出なかったり。

 

他にも不眠、肩こり、腰痛、冷え性なども自律神経の乱れが大きく影響します。

 

このように自律神経は体の状態をコントロールしている影の司令塔とも言えるのです。

自律神経を整える

自律神経は年齢を重ねるとコントロールが難しくなります。またお酒やストレスなど自律神経を乱す要因は日常生活にごまんとあります。しかもストレスを感じ、自立神経が乱れるとその後2〜3時間は元に戻らないのだそうです。

 

自分の意志では動かせないのが自律神経、それゆえ、以前は自律神経はコントロールできないと言われてきました。
しかし現在研究結果により、方法によっては自律神経をコントロールすることができることがわかってきています。

 

眠りや不眠というのも自律神経の状態やバランスに大きく左右されるため、うまく自律神経をコントロールすることで改善に向かわせていくことも可能となります。

自律神経の整え方 〜 自律神経を整えて不眠を解消記事一覧

ここ数週間肩こりがひどく、1日中気づくと肩をゴリゴリ回しています。こんなにひどいのも久しぶりだなと思ってよくよく考えてみるといつも、定期的に肩こりがひどくなる時期があってそれが私の場合いつも「春〜梅雨にかけて」であることに思い当りました。調べてみると春はたしかに肩コリになりやすい季節なのだそうです。...

春になると、朝起きても体がダルイ、起きたばかりなのに眠いヤル気が起きない、眠れない、眠りが浅いなど、さまざまな不調を感じたり、なんとなく調子が悪い、いつもと違うと感じる方も多いのではないでしょうか?実際に私も毎年4月〜5月は寝たはずなのにすぐに眠くなる、身体がダルイなどの症状がでます。なぜ春になると...